諏訪神社芍薬苑

 

~日本一の芍薬栽培面積を誇る諏訪神社芍薬苑・芍薬園~

 

●敷地面積 16,400㎡

 (諏訪神社及び芍薬苑で管理している面積~田んぼ、野菜畑は除く)  ※測量ソフトによる概測

●芍薬栽培面積8,500㎡

 (通路を含む)※測量ソフトによる概測

●規模 108種 約5,000株 約100,000本

●見ごろ 6月初旬~中旬

 

 

02-0suwa01

 

 

02-0suwa02

 

キンポウゲ科の多年草。背丈約80cmになる。根を乾燥させたものは【赤芍】せきしゃく【白芍】びゃくやくとして漢方処方に多く用いられる。

 

●原産 中国北東部

 

●花色 白色 淡紅色 黄色 深紅色 紫色  約88品種

 

●歴史

中国の最も古い詩集である【詩経】の中に芍薬が詠まれています。鄭の国(紀元前8~9世紀)の風俗に3月初めに川に人々が集まり体を清め、薬草(芍薬)を摘んで厄を祓う祭りがありました。この祭りが今日の雛祭りになったと云われています。日本には、室町時代に中国より渡来したと云われています。

 

●薬効 鎮痛・風邪・冷え性・血圧降下など

 

●花言葉 恥じらい 生まれながらの素質

 

●その他 6月の季語 別名ヌミグスリ・ハナノサイショウ

 

 

 

02-0suwa03

 

 

シャクヤクのように風情があり、牡丹のように華麗で、百合のように清楚”という、女性の美しさを形容することば。

 

 

 

02-0suwa04

 

 

 

02-0suwa05

【紅小町】

 遅咲きの花で、お祭りも終盤に差し掛かる頃に咲き始めます。

 

 

 

02-0suwa06

【楊貴妃】

 数少ない黄色の花で、その色は実に気品のある芍薬です。

 

 

 

02-0suwa07

【クレオパトラ】

七変化すると云われる花で、(芍薬苑では)数年に一度しか咲かない芍薬です。

 

 

 

02-0suwa07

 

 

 

Share on Facebook
LINEで送る

諏訪神社芍薬苑

 

~日本一の芍薬栽培面積を誇る諏訪神社芍薬苑・芍薬園~

 

●敷地面積 16,400㎡

 (諏訪神社及び芍薬苑で管理している面積~田んぼ、野菜畑は除く)  ※測量ソフトによる概測

●芍薬栽培面積8,500㎡

 (通路を含む)※測量ソフトによる概測

●規模 108種 約5,000株 約100,000本

●見ごろ 6月初旬~中旬

 

 

02-0suwa01

 

 

02-0suwa02

 

キンポウゲ科の多年草。背丈約80cmになる。根を乾燥させたものは【赤芍】せきしゃく【白芍】びゃくやくとして漢方処方に多く用いられる。

 

●原産 中国北東部

 

●花色 白色 淡紅色 黄色 深紅色 紫色  約88品種

 

●歴史

中国の最も古い詩集である【詩経】の中に芍薬が詠まれています。鄭の国(紀元前8~9世紀)の風俗に3月初めに川に人々が集まり体を清め、薬草(芍薬)を摘んで厄を祓う祭りがありました。この祭りが今日の雛祭りになったと云われています。日本には、室町時代に中国より渡来したと云われています。

 

●薬効 鎮痛・風邪・冷え性・血圧降下など

 

●花言葉 恥じらい 生まれながらの素質

 

●その他 6月の季語 別名ヌミグスリ・ハナノサイショウ

 

 

 

02-0suwa03

 

 

シャクヤクのように風情があり、牡丹のように華麗で、百合のように清楚”という、女性の美しさを形容することば。

 

 

 

02-0suwa04

 

 

 

02-0suwa05

【紅小町】

 遅咲きの花で、お祭りも終盤に差し掛かる頃に咲き始めます。

 

 

 

02-0suwa06

【楊貴妃】

 数少ない黄色の花で、その色は実に気品のある芍薬です。

 

 

 

02-0suwa07

【クレオパトラ】

七変化すると云われる花で、(芍薬苑では)数年に一度しか咲かない芍薬です。

 

 

 

02-0suwa07

 

 

 

Share on Facebook
LINEで送る